読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm Chubby.

バスケットボールx音楽xその他オススメ情報について発信するブログ

【大学生必見】ドライブソングリスト

大学生 音楽

こんにちは!Rickyです。

大学生といえば免許を取ってドライブに行く機会が増えますね!

親のプレイリストに飽き飽きしていたのが、自分の好きな曲を聴きながらどこかに行くのは最高です。

 

まさに大学生を謳歌している気分になりますよね!

私も時間問わず色んな所に行きました。

そんな私がオススメするドライブプレイリストを本日はご紹介します。

・番外編

いきなり番外編からのスタートになりますが、とりあえず1曲目を何にしようと思いますよね?そんな時とりあえず私はこれを掛けてました

そうです。あまちゃんのテーマ。

いや1曲目これ!?でひと笑い頂けます。誰でも知っているので掴みにはぴったりでした笑

お遊びはさておき、プレイリストにはいります。

・Treasure/bruno mars

 

 今最も勢いのあるPOPシンガーは外せないでしょう。

 圧巻のスーパーボールハーフタイムショーを初め、

 彼のライブは今最も盛り上がります。

 昨年リリースされた最新アルバム24K Magicにも盛り上がる曲

 多数収録されていますので要チェックですね。

 

・Sugar/Maroon5

 

 PVが運転シーンから始まる所を見てもドライブにぴったりですね。

 結婚式をゲリラ的に周りサプライズするPVも注目です。

 

・Empire state of mind/Jay-z

 

 NY市民にとって国歌のような存在になりつつあるJay-Zの曲です。

 アリシア・キーズの圧巻の歌声とJay-Zのラップはドライブでも盛り上がります。

 

・I Gotta Feeling/Black Eyed Peas

 

 惜しまれながら解散したブラック・アイド・ピーズの曲です。

 ジムなんかでもよくかかっていました。テンションを上げる時にちょうどいいです

・Time of Our Lives/Pitbull feat. Ne-Yo

 

 世界屈指のお祭り男とNe-Yoのコラボレーション。

 パーティーソングですので、クラブなんかでもよくかかっている印象ですね

 ただのパリピっぽい曲ではなく、R&Bの要素もあるので一般受けします。

・Bang Bang/Jessie J, Ariana Grande, Nicki Minaj

 

 ニッキー・ミナージュの曲がここから2曲。今をときめく女性アーティストが

 集結したことで話題に。アリアナ・グランデの曲も盛り上がること間違いなし

 ですので、ぜひチェックしてみてください。

Starship/Nicki Minaj

 

 相当パリピっぽい曲ですね笑。知らない人でも盛り上がってしまいますね。

 ケイティー・ペリーも仮装(?)して歌うの好きですが、彼女もその傾向が

 ありますね。設定はよくわからないので、ぜひ調べて見てください。

・Love On Top/Beyonce

 

 さて少し盛り上がる系の曲が続いたので、皆さんがイメージするようなThe洋楽

 あんまり洋楽聞かない人でもかっこいいなと思えそうな曲を入れました。

 日本でビヨンセ渡辺直美なんてイメージですが、彼女の曲も激しいダンスの曲

 ばかりではありません。ブラック、ソウルに大元を感じさせる曲です。

・Before You Wall Out of My Life/Monica

 

 少し古い(1995年)ですが、かっこいい雰囲気は聴きやすく、自然にノッてしまう

 部分があると思います。ドライブも盛り上がる曲ばかりだと疲れてしまいます。

 選曲を担当する人はスローなテンポの曲とアゲアゲ系をうまくミックスできると

 望ましいでしょう。

・Always Be My Baby/Mariah Carey

 

 昨年末のライブではリップシンク(口パク)で話題になってしまった、

 マライア・キャリーですが、やはり全盛期の歌は素晴らしいです。 

  アメリカの某人気テレビ番組のドライブしながら熱唱する企画でも

 この曲は取り上げられ、盛り上がりを見せていました。

 

いかがでしたでしょうか。ドライブの際に3代目、AAAなどJ-POP王道をかけるのももちろん盛り上がると思いますが、紹介した曲をちょっとづつ挟んでもいいですね!

【NBA】ウィザーズが止まらない。

NBA バスケットボール

こんにちは!Rickyです。

今日はイースト現在4位まで順位を上げてきているウィザーズの話題を。

 

本日もレイカーズ相手に快勝。連勝は6に伸びてきています。

ここ最近のウィザーズは昨年より取り組んでいるアップテンポなバスケットがようやく形になりだしてきており、ウォール、ビールのガード陣を中心に絶好調です。

更にホーム、ワシントンDCVerizonセンターでは通算16連勝。

この日ウォールは33得点と11アシスト、ビールも23得点と

ウォーリアーズのカリー&トンプソン、ブレイザーズのリラード&マカラムに負けず劣らずのコンビネーションでした。

ウォールは期待は大きかったものの、チームとしての順位はここ数年上がらず。

NCAA、ケンタッキー大の際にも優勝間違いなし!の下馬評ながら優勝できなかったことから「もってない」感がとても強かったですが、今年は一味違うようです。

どこまでこの好調が続くのか期待大です。

【Bリーグ】サクレの加入でサンロッカーズは強くなったの!?

NBA Bリーグ バスケットボール

こんばんは。Rickyです。

本日はBリーグの話題を。

1月より元NBA選手ロバート・サクレが渋谷サンロッカーズに加入しました。

八村塁君が在籍するゴンザガ大を経て、4年間NBAレイカーズに在籍し今季より渋谷に加入した、本格派ビッグマンです。

川崎ファジーカスや栃木ロシター相手に互角の戦いを見せるなど、話題の選手です。

しかし、渋谷に加入後もチームの成績は上向かず。。期待値が高かっただけに、がっかり感が大きいですね。

現在渋谷は32試合15勝17敗勝率46.9%

・サクレ加入前

   27試合14勝13敗勝率51.9%

・サクレ加入後

   5試合1勝4敗勝率20%

 

明らかにチームとしては成績を落としています。

では昨年12月(8試合)と今年1月(5試合)のスタッツを比較してみましょう。

続きを読む

【NBA現地時間2/1】PICK UP OKC@SAS

NBA バスケットボール

こんばんは!Rickyです!

 

2/1の試合結果一覧です!

NYK@WAS 101-117

NOP@TOR 106-108

SAC@HOU 83-105

OKC@SAS 94-108

CHA@POR 98-115

DEN@LAL 116-120

 

この日1のビックゲームはOKC@SASじゃないでしょうか!

 

トリプルダブル連発のウエストブルックとエース、クワイ・レナードのハイライトになります!

【スパーズ】

今年も理想的なボールシェアでオフェンスを展開するスパーズ。

デジョンテ・マレー、ジョナサン・シモンズ、デイビス・ベルタンズ

新戦力が躍動しています。スパーズの試合を久しぶりに見てみたら

ん??これだれ??という選手が活躍していることも多いのではないでしょうか。

毎年強いのでドラフトで高順位で指名することはまずないですが、毎年いい戦力が加入するスパーズのスカウト陣には脱帽です。

【サンダー】

長らくチームを支えたエース、デュラントの移籍を経て、今季のサンダーはウエストブルックのワンマン感がさらに強くなりました。

とはいえ圧倒的な成績を収めるウエストブルックはすごいですね!

私はロバートソンのさらなる飛躍に期待しています。恵まれた体格とディフェンス力。

現在25%の3pt%が改善してくると更に上のステップの選手になるでしょう。

選手としてはトレバー・アリーザに似ている言えるでしょう。

キャリア序盤は2割台だった3pt%は現在36%まで上がっています!

ロバートソンも3pt%が改善すれば、引く手数多な選手に生まれ変わるでしょう!!

【大学生必見! 大学生=洋楽入門期!?】

音楽 大学生 Spotify

こんばんは!Rickyです!

今日は音楽の話題を提供する前に、私が大学4年間でどんな曲を聴いてきたのか、ランキング形式でご紹介します。

 

私の体感ですが、大学生になると突然皆さん洋楽を聞き出すような気がします。

 

なんでもいいから洋楽・邦楽100曲ずつオススメ教えてなんて頼まれたこともあります。

 

特に私が大学生になりたての頃は「テラスハウス」の大ブレイクに相まってテイラースイフトの”We are never ever getting back together”がブレイクした時期でもありました。

 

音楽系Youtuberによる日本語版もCDリリースされるなど、一時期最も日本で聞かれている洋楽の楽曲でしたね。

 

私がレンタルショップでバイトしていた当時、テイラースイフト、ワンダイレクション、アリアナ・グランデの三強状態が長らく続いていた時期でした。

 

そんな時期を過ごしてきた人間のランキングとは思えない内容になると思いますが、最後までどうぞ。

Spotifyでの視聴になります。これからYoutubeリンクとの併用になりますので、是非!

 

7位 Better Together/ Jack Johnson

 

ハワイアンアーティストです。

 

これを聞き出したきっかけは数年前に流行したRude/Magic!ですね。

 

日本でもあのレゲエ感が非常にヒットしました。

 

そんな時にこういう緩いサウンドっていいなと思い色々探していてヒットした曲です。

 

結局Rudeより沢山聞くことになってしまうくらいハマってしまった曲です。

 

6位 Thinking out loud/Ed Sheeran

 

もう言うまでもないですね。アメリカでも大ヒット。つい最近2曲新曲がリリースされ、それも大ヒット中です。

 

Ed Sheeranがここまでブレイクするきっかけになった曲と言えるかもしれませんね。

 

その前のアルバムでもLego HouseやThe A Teamなど名曲は多かったですが、ここまでのブレイクはありませんでしたね。

 

5位 What You Won’t Do For Love/Bobby Caldwell

 

おそらく今ランキングで最も同世代からしたらナンダコレ?となる曲だと思います。

 

リリースは1978年。私が生まれる15年も前の話です。

 

バイト時にそれまで洋楽のみを担当していましたが、少し担当範囲が増えて、J-POPやジャズ、クラシックも担当しなくてはいけなくなった際に出会った曲です。

 

 

J-POPは普段聞き馴染みもありますし、流行りは大学生ならば放っておいても入ってきます。

 

ただ問題はジャズ、クラシックのように流行り廃りが少なく、過去の歴史から学ばないといけないジャンルです。

 

クラシックは「のだめカンタービレ」の知識のみ。

 

ジャズもグレンミラーオーケストラは聴きに行ったことがある。。くらい。

 

そんな時に入り口としてNorah Jonesなんかと一緒に聴き始めました。

 

R&Bなんですけど、少しジャズっぽい雰囲気もあって導入としては最適でした!

 

4位 Home/Michael Buble

 

日本でなんでこんなに名前が一気にブレイクしたりしないのだろうと疑問を持ちたくなるアーティストですね。

 

一部の人しか聞いていないイメージ。車のCMに”Feeling Good”が使われたり、昨年は武道館ライブもありましたが、まだまだ知名度は低いです。。

 

バイト時代も劇プッシュをかけていたのですが、いまいち。名前聞かないとヒットしないですよね。

 

ブーブレもジャジーな雰囲気を持ち合わせつつ、でもPOP。とても聞きやすいですね!

 

今年もか。。と思いましたが、昨年末もビルボードのチャートでは彼のクリスマスアルバムが急上昇。

 

ここ数年は年末恒例行事のようになっています。

 

マライア・キャリーからクリスマスといえば!キャラは奪取してしまったかもしれませんね!

 

3位 After The Love Has Gone/Earth,Wind and Fire

 

70’s後半から80’s前半ディスコの伸びと共に一気にブレイクしたアース・ウィンド・アンド・ファイヤーですがこの曲は少しディスコ音楽とは毛色が違いますね。

 

リリースは1979年です。

 

今では全米屈指のプロデューサー、デイビッド・フォスターですが、この曲をAirplay名義でカバーしてあまりヒットしなかったのは知られていませんね。

 

この曲も今聞いても古さを感じさせませんね。

 

2位 Back At One/Brian Mcknight

 

R&Bの王道的一曲です。とはいえリリースは1999年。既に18年前の曲です。

 

そんな曲でも古さを感じさせないこの曲は本当に素晴らしいですね!

 

当の本人も昨年最新の映像をアップ。今でも衰えない圧倒的な声量には感激します。

 

特に大サビに突入する前。鳥肌ものです。

 

言葉では言い表せない感動があります。

 

 

1位 September/Earth,Wind and Fire

 

3位にランクインしたアース・ウィンド・アンド・ファイヤーのNO.1ヒットが1位です。

 

人生で出会った曲の中でダントツの1位ですね。

 

ドライブにも、バスケの練習前にもこの曲を聴いていることが多かったですね。

 

もちろん元々好きな曲で高校生くらいから聴き続けて早8年くらいです。

 

数年前にリリースされた「最強の二人」の劇中でもアース・ウィンド・アンド・ファイヤーの曲が数曲登場し、映画館で見ていたのですが、その瞬間の高まりは今でも忘れられません!

 

余談ですが、巨人・阿部慎之介の登場応援曲ですね。巨人ファンの人は知らず知らずに聞いていると思います(笑)

 

こんな感じのランキングになりました。いかがでしょうか?

 

おそらくあまり共感は得られていないのではないかと思いますが、少しづつ古い曲にもいい曲は沢山ある!ということを知って頂ければと思います!

メンフィス・グリズリーズvsフェニックスサンズ【マイク・コンリー キャリアハイ38 点、9アシスト】

NBA バスケットボール

こんばんは。Rickyです。

自己紹介のあとの記念すべき1投稿目にしては渋い選択かなと思いましたが、気にせずいきましょうm(_ _)m

youtu.be

グリズリーズは現在7位と期待値よりはちょっと低い。

マイク・コンリーは昨年オフに巨大契約をしたことでも話題になりました。

ザック・ランドルフ、マーク・ガソルのダブルインサイドのイメージが強いですが、怪我も少なく、安定してチームを支えているのは実はコンリーだったりしますね。

 

6位サンダーとのゲーム差はなし。いつ順位が入れ替わってもおかしくない状況です。

目が離せません。

ブログ開設しました。自己紹介&開設動機

ブログ 自己紹介 バスケットボール 音楽 大学生 NBA

はじめまして。Rickyです。ブログを新しく開設しました。

 

簡単な自己紹介とブログ開設の動機を紹介。

 

【自己紹介】

Ricky

93年生まれ。都内某大学に在籍中。バスケットボールに明け暮れる日々を送っていたらいつの間にか留年。ここまでストレートで来ていたが人生初の迷走中。

 

【開設動機】

バスケットボールと音楽について発信したいと思い開設に踏み切る。此処に動機を紹介。

 

【バスケットボール】

最近バスケットボール関連で社会人と接すると感じるのは、皆過去の話ばかりになってしまうこと。マイケル・ジョーダン、ジョン・ストックトンなんて選手ばかり。

 

致し方ないと思うんです。NBA全チーム追いかける時間ないですものね。1試合丸々見ようと思ったら1時間半はテレビの前に拘束される。時間のない社会人にとってこれは問題。通勤、通学の電車の中でさらっと1日のNBAをピックアップして確認できるメディアがあったら嬉しいなという思いから。

 

【音楽】

個人的にもう音楽チャートは役に立たないと思っています。売れる曲≠自分の好きな曲。そうすると、好きな音楽を新規開拓するのに骨が折れるんです。趣味、シチュエーションにあった曲を見つけるのは難しい。少しでもアシストできればと。あと音楽も含め流行はサイクル。実は今流行りの曲も、昔の曲の流れを組むものだったり。ただ古い曲には触れるチャンスは少ないですね。ちょっとづつですが紹介できればと。

 

動機はこんな感じです。バスケットボールx音楽の親和性も高いですよね。

その辺も含めて書ければと。

 

その他役立つ情報をUPしていければと思います。

 

宜しくお願いしますm(_ _)m